Q. XY平面上で傾斜している架構の間柱型ダンパーが効かないのはなぜでしょうか?

A. 以下の2点が原因であると考えられます。
・XY平面上で、梁の角度と間柱型ダンパーの作用角度(柱の軸回転角)が完全一致していない
・ねじり剛性を考慮していない

梁の角度と間柱の作用角度がずれている場合、少なからず梁直交方向の力が生じるため、梁のねじり剛性と間柱型ダンパーの力による釣合いが生じますが、ねじり剛性を考慮していない場合は、抵抗が無いため間柱型ダンパーの力も発揮されません。よって対策としては以下が考えられます。
・柱の軸回転角を梁の角度に正確に合わせる
・梁のねじり剛性を考慮する(部材ごとに設定することも可)
(※RESP-Dでは「ねじり剛性を考慮しない」とした場合、本来のねじり剛性に対して極端に小さな値を設定するため微小な剛性は有します。)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です