Q. 部材の塑性率はどのように確認すればよいですか

A. 以下の3つ方法が考えられます。

  • 計算書で確認:静的の場合は静的解析構造計算書→荷重増分解析→終局ヒンジ発生図→塑性率図で確認する。振動解析の場合は、振動解析計算書→ヒンジ図で確認する。
  • CSVファイルで確認:「ファイル」「データ変換出力」CSV出力」にて、「荷重増分解析結果」または「振動解析結果」の中の当該項目(柱や梁など)を出力する。
  • 画面上で表形式で確認(テーブル表示):塑性率を確認したい部材種類(柱、梁など)を操作対象として選択し、ツールバーの「テーブル表示」アイコンをクリックする。

 

テーブル表示

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です