速度べき乗型ダンパーとは

速度べき乗型ダンパーと呼ばれるダンパーは、その名の通り減衰力が速度のべき乗に比例するダンパーです。以下のような減衰力-速度関係を有します。

F=CV^\alpha

単位変換

このダンパーを用いる際には単位変換に注意が必要です。考えてみれば当たり前なのですが、誤って変換してしまう可能性があるため、ここにメモとして残したいと思います。 例えば通常のダンパーでカタログ等に

C=1000 kN \cdot s/m

と掲載されており、計算のためにmからcmへの単位変換をしようとすると、  100 で除して

C=10 kN \cdot s/cm

に変換すると思います。

一方で速度べき乗型ダンパーのF=CV^\alpha の関係を単位表記してみると、

F[kN]=C[kN(s/m)^\alpha] \cdot  V[(m/s)]^\alpha

となるため、速度べき乗型ダンパーの減衰係数の単位は kN(s/m)^\alpha

となります。そのため、

C=1000kN(s/m)^\alpha

をmからcmへ変換する場合は、 100 で除すのではなく、 100^\alphaで除す必要があり、  \alpha=0.4とすると、  100^{0.4}で除して、

C \risingdotseq 158kN(s/cm)^\alpha となります。

RESP-F3T、RESP-D、RESP-MXでは速度べき乗型ダンパーを扱うことができます。

RESP-F3T
3次元フレーム汎用解析プログラム
詳細はこちらから
時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム
詳細はこちらから
パラメトリックスタディを効率的に行うことに特化した質点系振動解析プログラム
詳細はこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です