複数の入力波形のスペクトルを比較したい

建物の最大応答の推定や入力波の特性を知るため、応答スペクトルのグラフを描き、検討に用いることがあります。RESP-D では、複数の応答スペクトルの重ね描きやスペクトルデータをコピー・保存することができます。

【ステップ】
1. 振動解析ケース設定より入力波形を定義する。
2. 入力波の時刻歴波形と応答スペクトルを表示させる。
3. グラフ表示の変更、データのコピー・保存、複数のグラフの重ね描きを行う。

pdfのダウンロードはこちらから
14_複数の入力波形のスペクトルを比較したい

今回使用したソフト RESP-D


時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム

詳細はこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です