斜め方向の静的・動的解析をしたい

建物の主軸(全体座標系のX軸、Y軸)方向のみでなく斜め方向(主軸から任意の角度を成す方向)についても解析を実施して、応答の確認を行いたい場合があります。そのような時は以下のようにして解析を実施します。

【ステップ】
■ 静的解析の場合
方法A:応力計算条件で外力作用角度を変更する
方法B:静的増分解析条件で外力作用角度を変更する

■ 動的解析の場合
方法A:X,Y 同時入力を行い入力波の換算倍率を変更する
方法B:入力波の入力角度を変更する

13_diagonalAnalysis

pdfのダウンロードはこちらから
13_斜め方向の静的・動的解析をしたい

今回使用したソフト RESP-D


時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム

詳細はこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です