静的荷重増分解析結果を用いて免震支承材の引き抜き検討を行いたい

免震支承材の引き抜き検討を行う場合、質点系振動解析による設計を行っている場合には軸力の検討において静的荷重増分解析結果を用いることになります。 通常の引き抜き検討においては水平動と上下動による軸力を応力重ね合わせすることで検討を行いますが、 引張非線形を考慮する場合には単純な応力重ね合わせで評価を行うことができません。 本資料では静的荷重増分解析を用いて面圧検討する場合に、上下動係数による影響を加味して評価する方法を示します。

【ステップ】
1. 免震建物モデルを作成し、引張非線形を設定します。
2. 応力計算条件を設定します。
3. 静的荷重増分解析条件で初期応力の荷重倍率を設定します。
4. 免震設計条件で上下動係数を設定します。
5. 質点系振動解析を行います。
6. 免震設計計算書を出力します。

29_seiteki_hikinuki

pdfのダウンロードはこちらから
29_静的荷重増分解析結果を用いて免震支承材の引き抜き検討を行いたい

今回使用したソフト RESP-D


時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム

詳細はこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です